施術内容

脳幹とは

大脳・脳幹・小脳・脊髄
脳は大きく分けて「大脳」、「小脳」、「脳幹」の3つで構成されています。
脳幹は上で大脳と、背側で小脳と、尾側で脊髄とつながっているずべての神経の発信源ともいえる重要な器官なのです。 また脳幹の活性度合いは頚椎のバランスにも大きな影響を与える関係にあります。
脳幹の活性化は、上部頚椎である頚椎1番と2番のバランス調整につながり、その下の頚椎、さらには骨全体にドミノ倒しのような調整を行います。 その結果、神経圧迫が緩和され、神経や気の流れが全身のすみずみまで行き渡り、自然回復力が引き出されます。 つまり生き物すべての活動を統括している「脳」の中心部の「脳幹」こそが生命力(自然治癒)の強さをコントロールしている源であると言えるのです。

脳幹の働き

脳幹イラスト
  • 免疫機能の調整
    病原菌やウィルスがん細胞の撃退に大きく関与
  • 呼吸の調整
    吸う・吐くというリズムの調整、血液中の酸素量の調整
  • 血液の調整
    血流を滞らせない、心拍数・血圧・血液量の調整
  • 体温・水分・ホルモンの調
  • 食欲・性欲等の欲望の管理調整
  • 睡眠の管理調整
  • 毒素の排出を調整(通常の排出作業も含む)
  • 身体維持反射作用(運動機能の管理調整も含む)

脳幹療法について

脳幹療法写真
脳幹療法とは、特殊な枕を用い首の歪みを調整し、神経伝達の司令塔である脳を活性化し、弱まっている自然治癒力を最大限に引き出す画期的な療法です。
第1、第2頚椎に歪みがなく、内側が広くなるように自然な矯正を行います。この時すでに脳幹の働きが活性化されるので、人によってはすぐに変化を体感できます。
脳幹療法を受けると、脳幹の働きが正常になることで自らの力で背骨も元の位置へ戻ろうとするため、第2頚椎から下の背骨のズレも自然と整ってきます。
また施術によって身体の歪みをとり脳幹の働きが正常になると、交感神経と副交感神経のバランスが正常になり、内蔵の働きを高め、血液の流れも良くなります。
脳幹療法骨のイメージ